WERELDREIZIGERS.NL
泥スクーターウガンダ (2)
ホーム » アフリカ » ウガンダ » ウガンダの泥の中をもがく (ビデオ) | #pipikikitour2021 (6)

ウガンダの泥の中をもがく (ビデオ) | #pipikikitour2021 (6)

の第 6 部では、 #pipikikitour2021 in ウガンダ 私たちは本当に働かなければなりません。 キトグムからキデポ バレー国立公園 (229 km 以上) までドライブしますが、途中で雨が降ってきます。 100時半頃に終わり、キデポ渓谷国立公園まであとXNUMXkm以上あります。 アスファルトの道は、それまでになくなっています。 私たちは、石畳の道、ゆるい砂、泥、その他のホットセクノッツェベゴニアの道路の変種をスクーターで耕します。 暗くなるまでに私たちはほとんどそこにいて、私は泥の中で完全に倒れ、キデポの警備員が私たちの通過を拒否しました…そしてベティがいます!

ウガンダでのこの奇妙な乗り物の極みのアイデアを与えるために、 Chris Ho (クリス・ホー) 上の動画をまとめました。 一見の価値あり!

第6部のルートをグーグルマップで表示(スワヒリ語)
第6部のルートをグーグルマップで表示(スワヒリ語)

また読む:

pikipikitour2021 ? (1) ウガンダでスクーターを購入 & ヴィアヴィア ゲストハウス
pikipikitour2021 ? (2) ジワサイ保護区、難民、スクーターの内訳
pikipikitour2021 ? (3) マーチソン滝国立公園 | 初めてのスクーターサファリ
pikipikitour2021 ? (4) ドローン画像 スクーター・サファリ | マーチソン滝
pikipikitour2021 ? (5) Pakwach と Gulu Central Market の不運
pikipikitour2021 ? (6) ウガンダでの泥んこもがき(動画)
pikipikitour2021 ? (7) キデポ渓谷 | イディ・アミンの遺産

アスワは雨が降っています

グルでは、夜中にかなりの雨が降りました。 Bomah Hotel の入り口前の水たまりは、その点を物語っています。 「夜に落ちたものは今日も落ちない」というのが私の論理です。 新鮮な勇気に満ちたクリスと私は、南スーダンとの国境にあるキデポ渓谷国立公園まで、約 230 km のかなり長いドライブのためにスクーターに乗ります。

Aswa では、空からのベーキングが付属しています。
Aswa では、空からのベーキングが付属しています。

空は急速に変化し、XNUMX キロ後には暗い灰色の雲が私たちを通り過ぎることを願うばかりです。 もちろん、そんなことは起こらず、静かなスタートの後、今は空から降り注いでいます。 アスワの集落のシェルターの下で XNUMX 時間以上待機しています。 私たちは数多くの降雨レーダーを研究していますが、それが私たちを賢くするものではありません。 ただ「極極」または「様子見」が信条です。

クリスはアスワで音楽を聴き、嵐のレーダーを研究しています
クリスはアスワで音楽を聴き、嵐のレーダーを研究しています
アスワの「ウガンダ ポペモービル」
アスワの「ウガンダ教皇モービル」

集中豪雨は約150時間で止みます。 まだ XNUMX km 以上あるので、霧雨の中を継続する時が来ました。

いよいよキデポバレー国立公園へ

キデポ渓谷 NP まで 134 km のキトグムで
キデポ渓谷 NP まで 134 km のキトグムで

Kitgumの手前で、Kidepoへの出口を出ます。 それはすぐに美しいアスファルトの道の終わりを意味します。 ここでの 130 回のスクーター旅行から、現在 XNUMX km 以上の砂、砂利、石畳の道があることを知っています。 一般的に乾燥した地域で、ほとんどのトレイルに簡単にアクセスできます。 ほぼ毎日雨が降るキデポの山まで。

作りたてのロレックスを元車ホイールでご用意!
作りたてのロレックスを元車ホイールでご用意!

XNUMX 時半までには、それなりの進捗がありました。 休憩して遅めのランチタイムです。 私たちはロレックスを取り上げます(ローリングエッグはウガンダで人気のある道端の料理です:卵、トマト、タマネギ、ピーマンのチャパティです)。 今回は料理人が非常に特別なキャセロールを用意しています。 これは車の車輪から作られています (これは、キリフィのムナラニ リゾートの従業員に写真を見せたときに気づいたことに注意してください。私たちは気づきませんでした)。 リサイクルはいかがですか?

ロリポップを持ったクリス (はい、彼も好きでした) は、キデポ バレー NP に向かう途中で何人かの村人とおしゃべりをしています。
ロリポップを持ったクリス (はい、彼も好きでした) は、キデポ バレー NP に向かう途中で何人かの村人とおしゃべりをしています。

闇が落ちています…そして、これ以上先に進むことはできません…

私たちは道を進みますが、挑戦的なトレイルでは本当に速く走ることはできません. 私たちはXNUMX時までにはほとんどそこにいます。 キデポ渓谷国立公園の入り口に岩が見えます。 クリスは、暗闇が落ちるにつれて文字通り泥の中を耕している私を撮影します(このページの上部にあるビデオで見られます). ビーチサンダルの上で、泥の中でスクーターのバランスをとります(後で暗くなると、口を滑らせます)。 幸い、キデポ直前の岩が迫ってきています。

スクーターのスリッパで 泥の中をポツポツと進む
スクーターのスリッパで 泥の中をポツポツと進む

真っ暗の中、キデポ渓谷国立公園の入り口に到着。 XNUMX 人の重武装した警備員が私たちを見て、私たちに向かって歩いてきました。 「暗いので、これ以上運転できません。」

「しかし、私たちはほとんどそこにいます! 私たちは 200 km 以上運転して、もうすぐキデポ サバンナ ロッジに着きます。 クリスはもう持っていないようです。 彼は警備員を呪います。 しかし、彼らは頑固です。 'とんでもない。 象の群れがちょうどその道を歩いていました。 事故ったらどうするの? それから私たちはそれをやった.

もちろん、警備員は絶対に正しいです。 mzungu の何というばか…すると、ウガンダ野生生物局 (UWA) のジープが現れます。 「ねえエリック」ジープから聞こえます。 'あなたは戻って来る。 あなたに会えて大変幸せです。 マンデラ (彼女の息子) も喜ぶでしょう。 彼はまだあなたのことを話している!」 すると、アポカレストキャンプのマネージャーであるベティの顔が見えます。

2018 年 XNUMX 月、キデポ バレー NP のアポカ レスト キャンプで、ベティと息子のマンデラ (NL チームのシャツを着ている) と私
2018 年 XNUMX 月、キデポ バレー NP のアポカ レスト キャンプで、ベティと息子のマンデラ (NL チームのシャツを着ている) と私

これ以上先には進めないと彼女に言います。 その問題はすぐに解決されます。 残りの17kmはベティのジープがエスコートしてくれます。 途中、泥の中で完全に滑ってしまいます。

真新しいキデポ サバンナ ロッジで温かく迎えてくれます。 XNUMXコースの食事の後、私たちは眠りにつく。 翌朝、私たちは驚く。 私たちは今どこに行き着いたのですか? 自然の楽園で pur sang…

キデポ バレー国立公園のキプデオ サバンナ ロッジにある美しいテント
キデポ バレー国立公園のキデポ サバンナ ロッジにある美しいテント
キデポ サバンナ ロッジへのドライブウェイにある美しいウェルカム サイン
キデポ サバンナ ロッジへのドライブウェイにある美しいウェルカム サイン

パート 7 では、美しいキデポ バレー NP を探索し、レスト キャンプで一晩過ごします。 私は、狩猟旅行でここからキデポの狩猟人口を一掃することに成功した Idi Amin の以前の (そして美しい場所にある) プライベート ロッジを訪れます。 頭に水がいっぱい入ったジェリカンを持って帰る途中、おびえたカラモジャの子供たちに会います。 ギリギリに狙いを定めて走る。 ああ、それから私はロリポップを思い起こさせます…

ウガンダでお会いしましょう。

キデポ バレー NP の新しいゲートでポーズをとるクリス (ベティは彼の近くに立っています)
キデポ バレー NP の新しいゲートでポーズをとるクリス (ベティは彼の近くに立っています)

また読む:

pikipikitour2021 ? (1) ウガンダでスクーターを購入 & ヴィアヴィア ゲストハウス
pikipikitour2021 ? (2) ジワサイ保護区、難民、スクーターの内訳
pikipikitour2021 ? (3) マーチソン滝国立公園 | 初めてのスクーターサファリ
pikipikitour2021 ? (4) ドローン画像 スクーター・サファリ | マーチソン滝
pikipikitour2021 ? (5) Pakwach と Gulu Central Market の不運
pikipikitour2021 ? (6) ウガンダでの泥んこもがき(動画)
pikipikitour2021 ? (7) キデポ渓谷 | イディ・アミンの遺産

ウガンダでスクーターに乗るエリック

エリック

現地で購入したスクーターでマダガスカルを 10.000 キロ以上ドライブするのはどんな感じですか? それとも東アフリカをピキピキ(スワヒリ語でスクーター)で? 20年以上で、私は100カ国以上を訪れました。 これにより、多くの貴重な旅行体験が生まれました。それを皆さんと共有したいと思います。

ERIC – 100カ国以上
– 現在ケニアにいます。
– ユニークな旅行体験を共有します。
– お気に入りの目的地: マダガスカル、ウガンダ、日本、インド、コロンビア。

1コメント

  • はい、とても良い天気です。 観光客がどこに行くかだけでなく、実際の国を見てください。 そうです、あなたが目印です。
    しかし、それは悲惨な貧困です。 2つの村の間のどこかに給水ポンプがあることもあり、小さな女の子が水を持って歩いていることもあれば、非常に幼い女の子が赤ちゃんを連れていることもあります。 しかし、村長に対してそれらの子供たちは何をすることができますか……..そして少し運が良ければ小さな学校。

によって書かれた:

ウガンダでスクーターに乗るエリック

エリック

求めた

旅行チェックリスト

✔<2ja> この旅行保険 オレンジ色の領域もカバーします。
✔️比較して予約する 最も安い航空券.
✔️ お得に予約 活動.
✔️ 複数のホテル? それから予約する ジーニアス 20% 割引.
✔️ 空港を保存して予約 駐車場.
✔<2ja> Roadtrip? 割引を比較して予約する レンタカー.
✔️ 旅行の準備は? 実技を採点する 旅行ガイド.
✔️ バックパックやスーツケースが必要ですか? オファーはこちら.
✔<2ja> 現在? 500倍の10ユーロを差し上げます!

翻訳する»
リンクをコピーする